株式会社 車輪の再発見

Deploying Drones for the Enterprise

メニュー

deployingの記事一覧

『未来の学びコンソーシアム』

2020年からのプログラミング教育必修化にむけて文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた『未来の学びコンソーシアム』というサイトがあります。
https://miraino-manabi.jp/
小学校を中心としたプログラミング教育ポータルです。実施事例が徐々に充実してきています。学校現場での教材作りにとても参考になると思います。

そちらのイベント情報に大阪府箕面市立北小学校でのPCクラブで開催中の『Scratch プログラミングによるミニドローンの飛行制御体験』をご紹介していただきました。それとともに後援名義もいただきました。
https://miraino-manabi.jp/content/368

後援名義は賛同者が主催するプログラミング教育事業が社会奉仕であることが前提です。したがって営利目的の事業は該当しません。

2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタと日本ドローン協会

2018佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

佐賀県佐賀市で2018年10月31日(水)から11月4日(日)まで開催される観客数80万人を誇るアジア最大級のスカイスポーツイベント(熱気球競技大会)で、今年は第39回目になります。
熱気球が生まれたのはフランス革命の真っただ中、アメリカで独立戦争が始まった1783年にフランスで初の熱気球の飛行に成功し、続いて水素を詰めたガス気球も飛行も成功しました。
現代のパリではBallon de Parisといった気球に搭乗し150m上空を遊覧できるサービスがあります。
6400個!のLED電球は緑→黄色→赤と光の色で大気の汚染状況や交通情報を知らせています。
日本では日露戦争で偵察用に使用されたり、太平洋戦争の風船爆弾とか軍事用のイメージがありましたが1956年にフランスSF作家のジュール・ヴェルヌの『八十日間世界一周』の大冒険小説が映画化され、これまので武器としてのイメージが払拭され、スポーツやエンターティンメントといった印象に変化したと思います。

ドローンレース世界大会を

さて、2018年日本ドローン協会ではドローンレース世界大会開催にむけ会場の候補地であったり、大会の企画運営に頭を悩まされていました。
大分、福岡、栃木などで候補地を模索し最終的には福島県の猪苗代で開催しました。時間的な制約もあり観客動員が少なくスポンサー獲得が悩ましい状態でした。
「80万人の観客数を誇る佐賀インターナショナルバルーンフェスタの空き時間にドローンレース世界大会を行なえば多くの課題が解決される筈!」
空を飛ぶことに特別な思いを抱く人達の誠意と情熱は実を結び、2019年はドローンレース世界大会を佐賀インターナショナルバルーンフェスタの会場で開催できるようになりそうです。

まさに雲一つない秋晴れの空(運営本部から会場を望む)11/4 バルーンファンタジアの16機

続きを読む

Scratchプログラミングによるミニドローンの飛行制御体験授業 箕面市立北小学校

大阪府箕面市立北小学校パソコンクラブ 4,5,6年生の計22名
ドローンを使ったScratchプログラミングも今年で2年目となりました。
1回目 2018/10/31(水)
2回目 2018/11/28(水)
3回目 2019/1/21(月)の全3回を予定しています。

未来の学びのコンソーシアムさま、一般社団法人日本ドローン協会さまから後援名義を頂戴しました。
本当にありがとうございました!

第1回目 2018/10/31(水)ミッションコンプリート!

ミッション:ドローンをコントロールせよ
Scratchでシミュレーターを使いドローンに図形を描かいてみよう。
次に本物のドローンに空中に図形を描かせてみよう。
1.ドローンを離陸させ着陸させよう。
2.ヒント図を見て正方形の描き方を考えよう。
3.ヒント図を見て正三角形の描き方を考えよう。
大阪大学大学院 人間科学研究科 臨床教育学講座 教育工学分野の高堂さん、中川さんに講師をしていただきます。
ことしはScratchSumilator2があるのでドローン実機は1台でも、子供達は自分が作ったプログラミングの成果をすぐに確認できます。
分かりやすく達成感があるのかとても集中していました。
小さくても力強い風を浴びて、あっという間に笑顔になってしまうのが印象的です。空間を自在に飛び回るドローンと地面を這うロボットでは子供たちの反応は全く異なります。

続きを読む

シミュレーターと実機を使った講習会

今年の夏にScratch用ドローン3D飛行シミュレータ「DroneSimulator2」とドローン実機を使い行なった講習会です。

その1
「プログラミングワークショップ ドローンを飛ばそう!」
ネットアップ合同会社 ファミリーデー2018
ネットアップ合同会社さんからの記事の提供-

2018/08/22にネットアップ合同会社の京橋オフィスでファミリーデー2018が開催されました。
107名のファミリーデー参加者から、30名ほどの親子が講座に参加されました。最初に講師による実機によるデモ飛行を披露し、縦横無尽に飛び回るドローンに子供たちは興味津々でした。

今回はScratchを使ったことのある子が多く、簡単な説明でドローンプログラミングを始めることができました。
どんな操作コマンドがあるかを説明した後は、子供たちに自由にプログラムを組んでもらい、まずはシミュレータで動作確認。

次にいよいよドローンと接続すると、シミュレータと同じ動き方をするドローンに子供たちだけでなく、大人も一緒になって大興奮でした。
来年のファミリーデーでもドローンプログラミング講座を開催する予定です。

【講座の流れ】
Step1.
講師によるデモ飛行。
Scratchにどんなドローン操作コマンドがあるか学習。
Step2.
Scratchで自由にプログラミングし、シミュレータで動作を確認。
Step.3
いよいよ、ミニドローンを飛ばします。

その2
「小学校プログラミング教育について考えてみる」
対象:和歌山市宮前小学校、教員40名内容:
・Scratchのインストール方法
・Scratchの拡張と周辺機器への接続
・第5学年算数で学ぶ単元を発展させて三角形、四角形の内角の和が180°である性格に基づき
ドローンをプログラミング飛行させてみる。
・教材に生かせるのかの考査
参考資料:
「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」(文部科学省 平成30年3月30日)

その3
「ドローン・プログラミング教室」
神戸国際大学 経済学部国際文化ビジネス・観光学科
白砂伸夫教授2・3年次生合同授業
対象:学生20名内容:
・プログラミングによらない飛行
・プログラミングによる飛行
・ドローンビジネスについて

その4
「ドローン・プログラミング教室」
まちラボ「夏の学校 2018」夏休み自由研究大作戦
対象:小学生12名内容:
・Scratchの使い方
・三形の内角の和
・多角形や正多角形
・飛行による縮図、拡大図の概念の理解

最近の投稿

アーカイブページ(サイド2)222

アーカイブページ(サイド2)