株式会社 車輪の再発見

Deploying Drones for the Enterprise

メニュー

LEGO Flybrixを作ってみた

Flybrixのプロポですが技適がついてないのでこのプロポは日本では使えません。
フライトコントローラーとPCを繋いで見てみると2~3000円ぐらいで売っているAPMとかCC3Dとかと似たような感じのコントローラで、それなりに知識がないと設定すら出来ません。クアッドコプター仕様(4枚羽根)とヘキサコプター仕様(6枚羽根)、オクタコプター仕様(8枚羽根)はPCと繋いで設定を変える必要があります。
つまり対象年齢14歳以上というのはドローンのスペシャリストが身近に居れば14歳でも出来るという意味ですね。
Bluetoothの時はフライトコントローラの裏についているBluetoothモジュールで通信し、こちらには技適付いてます。(BMD-300)

クアッドコプターになりました。(一応プロポも一緒に撮影)

1時間かけて作ったのに1秒でバラバラになりました・・・

ほんとに飛ぶかどうかもすら怪しいバランスの悪いドローン、これで240$ですか?ありがたがる人の気持ちがわかりません。
救いはオープンソースなのでチューニングしてまともに飛べるようになれば報告(リベンジ)します。
https://github.com/Flybrix

あ、それとオクタコプターは重量オーバーで飛ばないかもしれません。

関連記事

  1. 2017.04.08

    お花見とDobby

コメントをお待ちしております

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

イベントカレンダー

アーカイブ

事業内容

・ドローン制御アプリケーションの開発(オープンソースで公開)
・CORDOVAによるクロスプラットフォーム・アプリの開発
・子ども用ドローンの開発と販売
・Scratchによる児童向けドローン制御プログラミング書籍の発行
・ドローン制御技術に関する情報を発信し制御技術書籍を発行
・ミニドローンによるレースイベントの開催
・WebGLによるドローンシミュレーターの開発
・ドローン女子講習会の運営

ドローン女子モデル募集!

商標登録第5984465号『ドローン女子』は、株式会社車輪の再発見の登録商標です。