株式会社 車輪の再発見

Deploying Drones for the Enterprise

メニュー

ARフライトの実験その3

ミニドローンにLEDを付け読み込んだモーション情報を元に3D仮想空間に表示してみる。

RollingSpiderのホール用の軸にLEDピアスを取り付ける。
LOGICOOL C920 Webカムで場所をとりこみ解析してドローンの位置を表示する。

オブジェクトの領域から飛び出した場合は画面が回り込むなどの工夫が必要ですね。

次回はVRゴールを付けて実験してみます。

関連記事

コメントをお待ちしております

事業内容

・ドローン制御アプリケーションの開発(オープンソースで公開)

・独自の発想で開発した制御アプリケーションの提供

・UnityによるAR空間でレースが出来るシステムの提供

・児童向けドローン・コントロール・プログラミング言語の開発

・Scratchによる児童向けドローン制御プログラミング書籍の発行

・ドローン制御技術に関する情報を発信し制御技術書籍を発行

・WebGL素材、各種3Dモデリング素材の作成

・ドローン女子(商標登録出願中)

女子モデル募集中!