株式会社 車輪の再発見

Deploying Drones for the Enterprise

メニュー

ドローン女子の記事一覧

ドローン女子を商標登録した経緯

2014年まだドローンがこれほど注目されていなかった時、比較的自由に飛ばすことができた時代に弊社の前身の会社にアルバイトに来ていた理系の大学院の女子学生が、Parrot AR.Droneやマイコンを搭載したドローンのカメラを制御し近所の公園のジャングルジムを3D解析したりしていました。
彼女はラジコンオタクと区別するために自分のことを「ドローン女子」と呼び、周りも認め一目置いていました。
解析は全てオープンソースでプログラミンし3D表示にはOpenGLで自作したソフトウェアやMeshLabを用いてました。

2015年はじめに有志で下向きにフロントカメラを制御できるようになったParrot Bepopを購入し映像解析でライントレースしながら自動飛行ができないか実験を始めました。
2015年の12月に有志で真下にフロントカメラを制御可能なBepop2を4台個人輸入し技適など大丈夫なことがわかると制御飛行だけでなく操縦を楽しみたいというドローン女子が増え出来たばかりの近所のドローンフィールドに毎週出かけるようになりました。
2016年1月にはロボット制御に長けたプログラマーの参加でオープンソースでドローンの機体を制御するソフトを無償で配布したり、プログラミング教育用のオープンソースも配布できるように、そして事業としてやっていけるようにと株式会社車輪の再発見を設立しました。
オープンソース以外のソフトウェアも非営利の場合は無償で配布しています。
制御ソフトのARSDKのドキュメントについてはParrot様の許可を得て翻訳し無償で公開しています。

ドローン女子講習会といった無償での女性向のプログラミング講習会も11月より開催いたします。
例えば小学生のお子さんをお持ちのお母さんが簡単なプログラミング手法を学び、ドローンをプログラミンで飛ばせる知識を自身のお子様に渡せるような「ドローン女子」になっていただきたいです。。
2014年には理系の大学院生がやっていたドローンの制御を、2017年には無料で小学生でもできるようになりました。(弊社アプリ使用にて)
ドローンの操縦や制御に関わるシンギュラリティはParrot社のこの動画をみれば、すぐそこにあるのかもと思います。

なお、弊社は今後、社団法人日本ドローン協会さんと商標「ドローン女子」を使って合同で事業を実施する予定です。
近々にもアナウンスいたします。

コスプレーヤー黒機ひつじさんとのコラボ

女空賊【Wirbelwind】スチームパンク コスプレーヤー黒機ひつじさんの創作キャラクターです。

この方が創作されたキャラクターは沢山あり、どれもが緻密に作り込まれています。基本的にオリジナルキャラクタでコスプレされています。
今回、女空賊【Wirbelwind(通称ヴィル)】スチームパンクのモデルの3D化する許可をもらい作成してみました。
決めのポーズ、銃口からの閃光、上下するドローン、かろうじて回転するプロペラ、上空で回転するルーン文字や光芒などのアニメーションを実装しました。

元の女空賊はワイルドでセクシーなキャラクタなんですが今回のモデリングの方はねんどろいど(株式会社グッドスマイルカンパニー 商標登録第5118460)ぽくしアニメーションさせてみました。
いつもとは異なるタイプのドローン女子といった想定です。

続きを読む

お花見とDobby

4月、日本では桜並木で甲高い騒音とともにDobbyが飛んで花見をしている人を驚かせてるかもしれません?
ドローン女子もDobbyでセルフィーしてます。

今回は3Dアニメーションします、Dobbyは上下し犬は駆け回り、時折風が通り抜けて桜の木をゆらします。

Parrot Mamboの個別機能も音声で操縦を可能にしました。

ParrotMamboにはアームで物を掴むグラバーやキャノン砲で弾(プラスチック)を発射したりするギミックが用意されています。音声コントロールをそんな楽しい個別機能にも対応させました。(Google Play Aceparrot無償)

誰もが楽しめる素材を見つけ開発していきたいと考えています。
市販の優れたハードウェアを手軽にカスタマイズできるARSDKがオープンソースとして公開されているのですから。
このミニドローン用の音声コントロールですが全く初めてドローンを触る人でも簡単に使えます。
手順を覚える必要もなくドローンの電源をONにしてスマホ経由でBluetooth接続し「離陸!」と叫べば飛びます。「宙返り!」や「フリップ」と言えば宙返りをします。(RollingSpider,AirBoneCago,Mamboのみ)
スマホをその都度スワイプしたり、プロポやゲームパッドを弄る必要がないので手が不自由な方でもドローンを操作することが可能です。
技能を習得させ高額な費用を請求するような事業は行わず、高額な機材は売らず機智とアイデアで既存のツールを少しでも楽しく使えるようにしたいと考えています。
もちろん簡単に飛ばせるがゆえの拙さレスポンスの悪さはあります。現状では特定の単語と認識するための区切りの無音時間は必須で一呼吸置いてからの動作となります。
このようなアプリをオープンソースとして公開することで多くの方の目に触れ、私たちより沢山の優秀な技術者の方や素晴らしい企画をされる方にもっと良くしていただけると期待しています。

続きを読む

最近の投稿

アーカイブページ(サイド2)222

アーカイブページ(サイド2)