株式会社 車輪の再発見

Deploying Drones for the Enterprise

メニュー

open Sourceの記事一覧

ミニドローンをプログラミング飛行させる「kidsdrone」配布中(無料)

「Kidsdrone」はMITで開発されたプログラミング学習アプリケーション「Scratch 2 Offline Editor」と連携しParrot社のミニドローンをプログラミング飛行させるAndroid端末用のアプリケーションです。【アプリケーションの概要】
・WindowsPCにドローン3Dシミュレーター「DroneSimulator2」がインストールされている必要があります。
・「DroneSimulator2」の3Dシミュレーション画面とシンクロしてParrot社のミニドローンが飛行します。
・Mambo、Swing、Airborne Night/Cargo、Rolling Spider、Hydrofoil Orakに対応しています。
・WindowsPCと同一のWiFiネットワークに接続してください。(インターネット接続は不要です)
・プログラミング飛行中でも処理に割り込んで飛行をキャンセルすることができます。
・Parrot FLYPADの代わりに殆どの廉価なUSBゲームパッドで操縦できます。
・画面タッチでも操縦できます。
・モード1およびモード2に対応しています。

【システム概略図と接続】

【設定】(インストールと機器の通信設定)
1.「Kidsdrone」をAndroid端末にインストールします。
2.WindowPCとAndroid端末を同じWiFiネットワークに接続してください。
※市販の安価なブロードバンドルーターで接続できます。(インターネット接続は不要です)
3.ミニドローンとAndroid端末はBluetoothで接続してください。
ミニドローンとのAndroid端末との接続方法については機体添付の取扱説明書を参照してください。
※安全の為にAndroid端末のモバイルネットワークはOFFにしてください。

続きを読む

“Scratch”のプログラミングでドローンの動きをシミュレートできる「DroneSimulator2」/無料配布中

【DroneSimulator2】はプログラミング学習アプリケーション“Scratch”と連携し仮想3D空間をキャンパスにするドローン飛行シミュレーターです。“Scratch”でドローン飛行プログラミングに夢中になるかも。Windows7,8,8.1,10用

このシミュレーターは「ドローンの操縦の上達」が目的ではありません。
ドローン操縦技術の上達のための教習所やシミュレーションソフトは沢山ありますが、ドローンをプログラミング制御する方法を教えてくれる教室、プログラミングで飛行をシミュレーションできるソフトは見かけません。
ドローンは自動・自律制御技術が発達し、より精密により安全に飛行できるようになります。
プログラミング言語学習ソフトと連携できるシミュレーターソフトは空中を飛行するための科学(Science)、科学を利用する技術(Technology)、技術を適切につたえる工学(Engineering)、それらの根幹をなす数学(Mathematics)を学ぶSTEM教育の教材に最適です。
教育現場への教材としてドローンの導入は費用もさることならが、安全面でもしっかりと対策をする必要があります、シミュレーターソフトはとても便利です。
プログラミング授業だけでなく、Scratchを基本に誰でも様々な分野でシミュレーションできるようなソフトにアップグレードしていきます。

Androidアプリ「キッズ・ドローン」(無料)と連携すれば本物のParrot社製ミニドローンとのシンクロ飛行も可能です。

【アプリケーションの概要】
「DroneSimulator2」は、MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した「Scratch 2.0 オフラインエディター」とWindowsPC上で連携し、作成したドローン飛行プログラミングを驚くほど簡単に3Dシミュレーションすることができます。「Scratch 2 Offline Editor」と「DroneSimulator2」の構成です。

【構成アプリケーションとサンプルプログラミングファイル】
Windows用とAndroid用のアプリケーションで提供されます。(3Dシミュレーションのみの場合はAndroid端末は不要です)
「DroneSimulator2」はWindows OSで動作するプログラミング言語学習「Scratch 2 Offline Editor」の機能を拡張するドローン飛行3Dシミュレーターです。
開発環境はUnityでDroneSimulator2.exeが実行ファイルです。

続きを読む

ドローン操縦プログラミングブック予約開始しました!

『ドローン操縦プログラミングブック ―for Android, Parrot社 ARSDK対応』プレミアムブックス版予約受付中です。
マイナビ出版様からプログラミングブックを8月1日販売することになりました!7月中旬日本発売予定のParrot ANAFIにも対応しています。

著作者名:株式会社車輪の再発見
書籍:3,456円
B5判:280ページ
ISBN:978-4-8399-5917-3
発売日:2018年08月01日
シリーズ名:プレミアムブックス
備考:オンラインストア限定販売

★一般社団法人 日本ドローン協会(JDA)推薦★

★購入者特典★

1.抽選で3名様に【国内正規品】Parrot ANAFIをモニターしていただきます!
2.サンプルプログラムおよび音声コントロールの際の声優による応答ボイスデータ200種類以上のダウンロード。
キリッとした女性ボイスの他に萌え声ボイスもあります♪

★内容★

フランスのパロット社から出ているドローンを操作するプログラムを開発するための本です。
オープンソースの「ParrotSDK」(ARSDK)を使用し、Android端末用アプリケーションをJava言語により開発します。

ドローンは教育、農業、測量、物流、映像、芸術、セキュリティなど、さまざまな分野の垣根を軽々と飛び越えた新たなビジネスを生み出しています。
ドローンを自由自在に飛ばし、そこからの機体のセンサーデータやライブ映像を取得し、意のままにコントロールできたら、ドローンの可能性は無限に拡がります。
とはいえ、ゼロからドローンの制御を行うには、ソフトウェアだけでなくハードウェアについても広範囲な知識と技術・ノウハウが必要です。
そこで本書では、パロット社の機体を優れたハードウェアの教材とし、機体へアクセスするためのライブラリであるARSDKの使用方法、機体のセンサーデータの取得、ライブ映像の取得・映像解析・飛行指示などを、制御アプリの制作を通して解説します。
プログラミング学習ソフト「Scratch 2.0」でドローンをプログラミング飛行させる方法も紹介しています。
さらに、専門家でなくてももっと楽しく簡単にドローンを操作できるよう、声でドローンを操作できる音声コントロールについても解説しています。
購入者特典として、その際の応答ボイスデータ(声優による吹き込み)がダウンロードできます!
※応答ボイスデータ:人がドローンに「離陸」と言ったら、「離陸します」と返事をしてから離陸するようにプログラミングする場合、その「離陸します」という音声ファイル。協力:株式会社REM (伊東あすか、横田和輝、柴田勝俊)

★本書の構成★

Chapter 1 そうだ! ドローンの制御アプリを作ってみよう
Chapter 2 ARSDK詳細
Chapter 3 実際の処理例
Chapter 4 いざアプリを作ってみましょう
Chapter 5 ライブ映像を取得する
Chapter 6 いよいよ待望の映像処理
Chapter 7 ライブ映像の解析
Chapter 8 その他重要なこと
Appendix 1 Parrot SDK
Appendix 2 ボイス一覧

★対応ドローン一覧★

Anafi
Bebop2
Mambo
Swing
Airborne Night / Cargo
Hydrofoil Orak
Rolling Spider
Bebop

★Parrot ANAFIのモニターについて★

マイナビBOOKSにて本書(紙書籍版)をご購入いただいた方の中から抽選で3名様に【国内正規品】Parrot ANAFI ドローン ウルトラコンパクト フライイング 4KHDRカメラ PF728005(Amazonでの予価81,630円)をモニターしていただきます!
【応募方法】
本書をご購入後、マイナビBOOKSさん所定の申し込みフォームからご応募ください。
ご応募の際には、ご注文番号が必要となりますので、予めご用意ください。
【応募期間】
2018年7月31日(火)23:59までに決済完了のお客様
・当選者の発表はメールおよび賞品の発送をもってかえさせていただきます。
・発送は8月を予定しておりますが、発売が延びた際には発売後のお届けになります。本書の発送時期とは異なりますのでご了承ください。
・モニター当選者には、アンケートのURLをメールでお送りしますので、試用後にお答えください。

Scratch用 Drone Simulator Ver 2(ドローン飛行シミュレーター for Scratch)

Scratch用の新ドローン・シミュレーターです。DroneSimulator2のダウンロードと解説はこちら

より速く、より広く、3D空間をScratchでプログラミンして飛行させることができます。ドローン実機もシンクロさせて飛行させることができます。
以前のバージョンはシェーダーの関係で対応OSはWindows10のみでしたが、Unityで開発することによりWindows7,8,8.1,10に対応しました。
航跡も表示しアートぽくしました。

以下は3Dドーナツ飛行のプログラミング例です。(時間関数による補正あり)シミュレーターでの描画です。

シミュレーターだと前進等のコマンドは慣性速度を保持してくれないのでカクカクなってしまいますが、実機はもう少しなめらかに動くはずです。
滑らかにならないときは前進速度と角速度があっていないので、速度係数を適当に変えてください。 続きを読む

最近の投稿

アーカイブページ(サイド2)222

アーカイブページ(サイド2)