株式会社 車輪の再発見

Deploying Drones for the Enterprise

メニュー

open Sourceの記事一覧

箕面市立北小学校の教室でミニドローンをScratchプログラミング飛行(第一時間目)

10/4(水)箕面市立北小学校のパソコンクラブの皆さんとScratchプログラミングでミニドローン(63グラム、ガード付き)を飛ばしました。
箕面市立北小学校のパソコンクラブのメンバーは4年生が4名、5年生が5名、6年生が3名の計12名です。
ノートPC3台、タブレッド3台、ミニドローン3台、ゲームパッド3台を持参し講師3名でお邪魔しました。

パソコンクラブのメンバーはWebGLのゲームで歓声があがり、ミニドローンの操縦で大歓声、最後のプログラミング飛行では本当に目を輝かせてドローンが飛ぶ姿を見ていました。
学校のブログで紹介していただいています。
箕面市立北小学校の校長先生を始め、担当の先生方、教育研究所の先生方には企画段階から当日の会場準備にまでご配慮いいただき心より感謝いたします。

学習ステップ

Step1.WebGLを使い3Dで描かれたドローンをゲームパッドで操縦しゲーム感覚でドローンの動きを体験します。
※本物のミニドローンを操縦する前に、以下イラストの注意事項を徹底します。
Step2.本物のミニドローンをゲームパッドで操縦(モード2)し動作を体験します。
Step3.Scratchで課題をプログラミングしミニドローンを飛ばします。

終了後に、先生方とお話をして「ぜひ、またやりましょう!」となり第2時間目をおこなうことになりました。

続きを読む

WebGLでDroneフライトシュミレーター 1

ブラウザ上でドローンをゲームパッドで操作できるフライトシュミレーターをWebGLで9月に公開します。
対応ブラウザはChrome、Safariです。
対応ゲームパッドはDualShock4や汎用12ボタンタイプです。

Parrot Mambo(3Dモデリング)だとグラバーでプラカードを掴んで移動し放したりできます。

プラカードが落ちた後の衝突判定や物理演算は実装していません・・・地面に刺さります。

箕面市立北小学校の教室でScratchプログラミングによるミニドローンのテスト飛行

8/10箕面市立北小学校の教室でScratchプログラミングによるミニドローンのテスト飛行をしました。
Windows+Scratch+Androidタブレッドの構成です。
校長先生、情報教育担当の先生、教育センターの先生の立会いのもとでの実験です。

(写真は箕面市教育センターの岩永先生、場所は音楽室)

結果は良好で10月初旬にコンピュータークラブでプログラミング飛行を実施する予定です。

ARDroneSDK3 API Reference日本語版公開しました。

ARDroneSDK3 API Reference日本語版公開しました。
http://arsdk.rediscovery.co.jp/
ARDroneSDK3 API Referenceの著作者であるフランス Parrot S.A 社様の許諾を得て日本語に翻訳したものです。公開する許可はいただきましたがあくまで非公式でです。

日本語で記載された文章の品質ついて Parrot S.A社は関知いたしません。。

リファレンスの目次です。 続きを読む

最近の投稿

アーカイブページ(サイド2)222

アーカイブページ(サイド2)